カナダ/ワーホリ
福井 あかねさん

留学した都市/トロント
留学した学校/Kaplan PLI,UCCBT
滞在方法/ホームステイ、ルームシェア
利用した留学サポート団体/ジョイネットジャパン

私は英語を学ぶために、大学を1年間休学して留学したいと考えていました。限られた資金の中で充実した海外生活を送るにはどうしたら良いかと考え、働きながら学校へも通えるワーキングホリデーを選択しました。カナダを選んだ理由は、英語にあまりクセがないということと、住みやすいという評判を聞いていたためです。カナダであればアメリカや南米も近いので、旅行に行きたい人にはとても魅力的な国だと思います。ちなみに、私はトロントにいる間にニューヨークやキューバへ旅行に行きました。トロントを滞在先に選んだのは、バンクーバーに比べて日本人が少ないからです。

せっかくカナダまで来たからには100%英語の環境に身を置きたいと考えていたので、語学学校は日本人比率とイングリッシュ・ポリシーの厳しさを重要視して探しました。2校目はビジネスの分野を学ぶ学校に通いましたが、友人や知人からの口コミで探しました。学校を決める前に一度、雰囲気を見に行くと良いと思います。

私は語学学校ではESLのクラスを受講し、後半はケンブリッジ英検のクラスで勉強しました。ESLではスピーキングをメインに勉強しましたが、ディスカッションやプレゼンテーションがありました。毎日宿題が出され、英語漬けの生活です。とてもハードでしたが、得るものは大きく、クラスメイトとも仲良くなり、今では良い思い出です。 

滞在先を探すときはカナダの情報共有サイトを利用して、家賃や立地、入居日を考えた上で2~3軒見学し、部屋を決めていました。

仕事もカナダの情報共有サイトを利用し、日本食居酒屋でサーバーとして働いていました。従業員はほとんど日本人であるため日本語環境と予想していましたが、お客様とのコミュニケーションは英語がほとんどです。サーバーというポジションのおかげでお客様とよく話す機会があったので、職場が日本語でも自分で英語環境に変えられました。

初めは語学留学のみを考えていましたが、今ではワーホリにして良かったと感じています。語学学校ではあまり現地の人と関わる機会がなかったのですが、働くことでカナディアンと接する機会が増えました。お客様でも友だちのように話してくれる人や、今でも連絡をとっている人もいます。ワーホリの経験は自分の価値観を大きく変えました。カナダでは自分自身がどう考えているのかを発信することの大切さを感じたため、就職活動にも生かせました。