カナダ/大学留学
村上 純平さん

留学した都市/カムループス
留学した学校/Thompson Rivers University
滞在方法/ホームステイ、アパート

私は日本にいたときに、将来何になりたいかわかりませんでした。文化や人種、考え方が異なる場所へ行けば、自分の視野が広がり、やりたいことが見つかるのではないかと思い、留学を決意しました。カナダは治安が良く暮らしやすい国であり、世界でも通用する英語が学べるということで、カナダへの留学を決めました。

留学当初はホームステイをしていましたが、典型的な日本人思考の私はとても気を使ってしまい、異国でいきなり他人と生活するのは難しいと感じました。結局アパートに滞在することになり、さまざまな国籍の友だちを招待してパーティや食事を楽しみました。国によってマナーや楽しみ方に違いがあり、興味深かったです。

カナディアンはとてもフレンドリーで、たとえばバスの運転手やたまたま乗り合わせたお客さんとも話します。私のつたない英語を一生懸命に理解してくれようとし、また私が聴き取れるようゆっくりと話してくれ、そのことに感動しました。

今回カナダに留学したことで、多くを学んだと感じています。まず、外国人と友だちになるためには、必ずしも共通の言語が必要ではありません。笑顔とボディランゲージで十分です。もちろん、さらに相手のことを深く知りたい、自分をもっと理解してほしいと思う場合には言語は必要不可欠です。

また、日本で習った英語教育は、思っていたよりも使い物になるということを実感しています。ただ、日本人は他国の人に比べて耳が英語に慣れていないということも感じました。これから留学する人は、耳を鍛えておいたほうが良いと思います。