ニュージーランド/高校留学
渡邉 真央さん

留学した都市/Auckland
留学した学校/Avondale College
➡ 2年目以降はOrewa College
滞在方法/ホームステイ
利用した留学サポート団体/
留学サイトドットコム

私が世界に目を向けるきっかけとなったのは、マレーシアへの短期留学経験でした。帰国後、「もっといろいろな国の人たちとコミュニケーションをとりたい」という思いでいっぱいでした。そんなとき、親が「高校3年間を海外で生活する」という留学プログラムを勧めてくれました。最初はとにかくおどろき、本当に悩みましたが、海外での生活体験は私がやりたかったことなので、ニュージーランドへの留学を決意しました。

留学が始まり、異なる文化や言葉をもった人たちに出会っていく中で、これまでにない興奮と楽しさを感じました。私は単純にそのことに満足をしていましたが、周りのほとんどの人が短期の留学生で、最初の1年間は友だちとの出会いと別れを繰り返して終了してしまいました。留学生だけの環境に浸っていた自分に気付き、2年目は学校を変えることを決意し、オークランドの少し田舎のほうの学校へ転校しました。しかし、新しい学校では私が考えてもいなかった事態が待っていました。友だちができないのです。最初は、さみしさと相手にされない悔しさで「日本に帰りたい、学校へ行きたくない」という思いでいっぱいでした。今振り返ってみると、私の中の「ネイティブの英語を学びたい」という想いが、現地の人と同じように振る舞おうと必死にさせ、周りと自分が見えなくなっていたのだと思います。

そんなとき、私を支えてくれたのはホストファミリーでした。ホストの愛情のおかげで私はすべてをポジティブに考えられるようになり、笑顔で登校し、積極的に周りの人たちに話しかけにいくことができました。みんなはそれを迎えてくれ、私はとても安心し、うれしかったことを覚えています。今ではたくさんの友だちができ、学校でみんなと会うのが楽しくなりました。友だちとは、1週間のニュージーランド国内旅行に行きました。自分たちで飛行機やバスの手配、ホテル、アトラクションの予約などをし、旅の計画を立て、帰ってきたときには達成感でいっぱいでした。

私はこの1年間でたくさんのことを体験し、多くの感動を覚えました。この経験は、自分を強く大きく成長させてくれたと感じています。これから留学するみなさん、自分の意思をしっかりもち、大きな一歩を踏み出してください。