渡航準備

留学やワーホリには、さまざまな準備が必要です。
下記のような手続きや手配を行って、安心して渡航できるようにしましょう。

パスポートの申請・取得

まず、パスポートを持っていない人は、出発の6か月前までに取得しておきましょう。すでに持っている人は、滞在予定期間を含む有効期限が十分に残っているかをチェック。必ず事前にパスポート申請窓口か外務省ウェブサイトで確認してから申請手続きを行ってください。

ビザ・航空券の手配

渡航する国や時期などが決まったら、ビザの取得と航空券の手配をしましょう。なかには、ビザの取得に航空券が必要な国もあります。ビザの取得や航空券の手配などは、「サポート団体」に依頼することもできます。海外渡航の手続きが不安な人や忙しくて手間を省きたい人などはサポート団体への依頼をおススメします。

海外旅行保険などの医療保険に入る

留学やワーホリ中に事故やケガなどが起きた場合、国民健康保険を利用しても十分に補償されない可能性が高いので、日本で海外旅行保険などに加入しておくことをおススメします。病気やケガだけではなく、不注意で物を壊してしまった場合などにも適用される保険もあり、保険会社によってサービスの内容や緊急時の対応に違いがあるので、よく調べてから加入しましょう。

銀行口座の開き方や送金

現地で生活費のやりくりをする場合、銀行口座を開いて日本から送金してもらう方法とインターナショナル・キャッシュカードを利用する方法があります。海外で銀行口座を開く場合、パスポートとお金を持って銀行に行き、受付で銀行口座をつくりたいことを伝えると手続きしてくれます。インターナショナル・キャッシュカードは、国内ではキャッシュカードとして使え、海外でも日本の普通預金口座から現地通貨が引き出せます。